UNO CLINIC

うのクリニック 内科(消化器内科・循環器内科・内視鏡内科)・小児科 | 千葉県八千代市勝田台

内科(消化器内科・循環器内科・内視鏡内科)・小児科
CONTENTS
トップページ
院長紹介
院内設備
季節のおたより
モンゴルニュース
お問い合わせ
 



外来予約システム 説明
外来予約システム 設定画面へ
インフルエンザ 予防接種 予診表 ダウンロード
あなたの街のかかりつけ医として総合的な医療をご提供致します
お知らせ

「インフルエンザ・ワクチンについて」
9/14から予約受付開始とお伝えしましたが、
9/12に厚生労働省からの通達があり、接種予定を変更することになりました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index_00011.html

10/1から「65歳以上の方」に接種開始し、
10/26から「基礎疾患を有する方、妊婦、生後6ヶ月〜小学2年生」を優先して、それ以外の方にも接種開始、との通達です。

これに伴い、当院でのインフルエンザ・ワクチン接種は、以下のように行います。

10月20(火)より、一般の方の予約受付を開始いたします。

65歳未満の方は、インターネットで予約受付をお願いします。画面左下の青いボタンから予診表をダウンロードできますので、記載して当日持参してください。
お子様の場合は、母子手帳をお忘れ無くご持参ください。

接種期間:10月26日(月)〜 接種時間:月火金15:00〜17:30 土13:00〜13:30
接種費用:小児 3,400円/1回(2回接種)、中学生以上 3,900円、65歳以上 1,500円

65歳以上の方は、10月2日(金)から接種開始(原則的に通常診察時に同時接種)といたします。
必ず当日に、市配布の青い予診表を持参してください。

外来混雑時には、接種までお待たせする場合があります。皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

なお、新型コロナ感染症流行に伴い、インフルエンザ・ワクチン接種希望者が増加することが予想されるため、本年は「当院かかりつけ患者さん」のみに接種いたします。ご了承ください。

「新型コロナウイルス感染症の予防法」
いたずらに心配すると体に良くありません。新型コロナウイルスはどこにで増殖して、どうやって伝染するのか理解しましょう。そうすれば、不安が少し解消されるはずです。

コロナウイルスは、いわゆる風邪ウイルスの一種です。毎年小児が風邪を引く原因ウイルスとして多いものです。これが変異(やや強いものに変化)したのが現在の新型です。

風邪はのどからと言いますが、のどや鼻や気管支にウイルスが付いて増殖して、風邪症状(咳、鼻水、咽頭痛、頭痛など)を起こします。肺まで達すれば肺炎、飲み込んで胃や腸に達すれば胃腸炎の症状も来します。このことからウイルスがいる場所は、のど、鼻、気管支、そして便の中です。便から感染することは少ないですが、トイレでおならをしても手にウイルスが付きます。鼻水や唾液にもウイルスがいるのは理解できますね。

感染した人が、咳をすればウイルスをまき散らす(飛沫感染)のはわかるでしょうが、手にも付くのです。口や舌を触れば唾液が付き、トイレで手にウイルスが付くのです。手すりなどをこの手で触れてウイルスが付き、その手すりを触れた手を口に当てて感染成立(接触感染)です。恐いのは咳だけではないのですね。ですから、手洗いが効果的なのです。

マスクをすると口を触れませんから、手に付いたウイルスを口に入れるリスクも減ります。咳をするときに手で押さえると手にウイルスが付くので、マスクか肘で口を押さえると良いですね。マスクを机に置く人がいますが、机にもウイルスが付着します。袋などで保管するか、毎回捨てるか洗うのが賢明です。

お盆でお孫さんと会うご年配の方もいるでしょうが、キス、頬ずり、自分の箸で食事をあげること、飲物の回し飲み、などは、今は遠慮しましょう。お孫さんを抱く前に、手洗いも是非。

咳や大声で話しをする、歌う、などしなければ、ウイルスは散布しません。お互いにマスクをして静かにお話しすれば問題ありません。ウイルスの性質を考えて、楽しいお盆〜夏休みにしたいものですね。

「新型コロナウイルス感染症に対する今後の対応」
5/25非常事態宣言が解除されて、1ヶ月以上が経過しました。
東京での新規感染者数はまだ100人を超えているようですが、検査体制が整ってきた影響もあると思われます。千葉県では比較的落ち着いています。手洗いをきちんとすれば、簡単には感染しないことがわかってきました。そろそろ自粛をゆるめて、少しずつ外出し運動をする時期に来ています。ただし、繁華街や夜の町に行くこと、大声で話すことなどは、当面の間避けるべきでしょう。
新型コロナを心配する方に、現在の対応方法をまとめました。

当院では、発熱外来(発熱などの感冒様症状のある患者さんの診療)を行っておりますが、7月に入り外来患者さんの数が増加傾向にあります。院内感染防止のためにはやむを得ず、外来混雑時には、診療できない場合があります。また、予約の患者さんを優先して診療いたしますので、新患の患者さんは、数時間以上お待たせする場合もあります。

1)発熱などの症状はないが、どうすれば良いか不安な方
 まずは、以下の相談窓口に電話してください。
  ・千葉県コールセンター TEL:0570-200-613 24時間対応(土日祝日を含む)
  ・厚労省コールセンター TEL:0120-565653  9時〜21時(土日祝日を含む)
  ・習志野保健所     TEL:047-475-5154  9時〜17時(平日のみ)

2)症状はないが、新型コロナ感染症と診断された方と接触した方(濃厚接触者)
 PCR検査を行うべきと考えられますので、上記電話窓口でご相談ください。当院からもPCR外来にご紹介いたしますが、混雑時には対応出来ないこともあります。ご来院前に、必ず電話でご確認ください:うのクリニック 047-481-1929

3)咳、発熱、ひどい倦怠感などの症状があり、新型コロナ感染症の感染を否定できない方
 まず、上記電話窓口でご相談ください。当院にて診療を行いますが、混雑時には対応出来ないこともあります。ご来院前に、必ず電話でご確認ください:うのクリニック 047-481-1929

「八千代市新型コロナウイルスPCR外来開設のお知らせ」
5/21から、八千代市で標記PCR外来の運用が開始されます。
今まで、PCR検査はすべて保健所経由で行っていたため、検査を断られることが多かったですが、今後は多少緩和されることが期待できます。
このPCR外来検査は、八千代市医師会会員の医師が交代で行います。
検査件数に余裕が出来ることは朗報ですが、検査などする必要がないことが一番大切です。手洗い励行と人混み(三密)を避ける行動の継続をお願い申し上げます。

「新型コロナウィルス感染拡大に伴う当院の対応について」
新型コロナウイルス感染症はまだ治まる気配なく、東京では患者の増加が続いています。
特に若い方々が無症状の感染状態になり、感染を拡大させていることが懸念されます。
まずウイルスが手指に付着して、目・鼻・口に触れることで感染すると言われており、
手洗いの徹底が何よりも感染予防に効果が高いです。次は、人混みに行かないこと。
当院を受診された方へのウイルス二次感染をゼロに保ちたいと思っております。
このため、当面の間、当院での診療方法を以下のように変更することにいたしました。
まずクリニック玄関で、当院職員が来院される目的をご確認いたします。

《高血圧などの慢性疾患で来院される方》
特に変わりが無い方は、お話を伺った上で、1ヶ月分のお薬の処方せんを交付します。
院長の診察や面談を希望される方は、待合室でお待ちください。
順番にご案内いたします。

《発熱や咳などの風邪症状で来院される方》
・お車で来院された方は、一旦車内でお待ちいただきます。
 院長または看護師が、順番にお車まで伺い、検査や診療を行います。
・徒歩または自転車、バイクで来院された方は、通用口からご案内し、
 可能な限り、別室でお待ちいただきます。順番に診療を行います。

《風邪症状以外の疾患、検診、検査で来院される方》
通常通りに診療いたします。
待合室またはベッドでお待ちいただき、順番にご案内いたします。

感染が疑われる場合は、窓を少し開けて換気をいたします。
なお、当院でコロナウイルスの検査は行いません。
必要があれば、PCR検査センター、保健所、検査可能な病院などにご紹介することになります。

コロナウイルスに感染する可能性はそれほど高くありません。大事なことは、あわてないこと。
アルコールに弱いウィルスなので、アルコールで消毒できるようです。
手指のアルコール消毒をお勧めします。玄関に置いておくとよいでしょう。
インフルエンザの予防と同じで、手洗い、うがい、水分摂取、部屋の加湿が有効です。
いわゆる風邪ウィルスの一種ですから、仮に感染しても、抵抗力のある人は発症しないか、風邪症状で済むことが多いと思われます。
規則正しい毎日を送り、よく食べて、よく水分を摂取して、よく寝て、運動もして、免疫力を落とさないことが重要です。そして、人混みを避けることです。
いたずらに心配するのではなく、冷静に判断してください。

ひどくなる人は、発熱が4日以上続いてから、
呼吸が苦しくなったり、ひどくだるくなったりするようです。
発熱して、新型コロナ感染を心配する方は、いきなり外来を受診せずに、まずは以下の専門相談窓口に電話して指示を仰いでください。

 ・千葉県コールセンター TEL:0570-200-613
  (対応時間)24時間対応(土曜日、日曜日、祝日を含む)
 ・厚労省コールセンター TEL:0120-565653 FAX:03‐3595‐2756
  (対応時間)午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む)
 ・習志野保健所 TEL:047-475-5154 FAX:047-475-5122
  (対応時間)午前9時から午後5時まで(平日のみ)

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症についてのよくあるお問い合わせ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00017.html

日本医師会 新型コロナウイルス関連感染症
https://www.med.or.jp/doctor/kansen/novel_corona/009082.html

これらもご参照ください。

「消費税率引き上げに伴う自費診療料金改正について」
2019年10月より消費税率が10%に引き上げられます。
これに伴い、10月1日より自費診療料金の改正を行います。
就業時検診やワクチン接種などの価格が変更になります。
詳しい料金は院内に提示いたします。
よろしくお願い申し上げます。

「朝の解錠時間について」
防犯上の問題があるため、
今年度から、朝は「8時30分」に解錠いたします

恐れ入りますが、午前8時30分 以降にご来院いただきますようお願い申し上げます。

「平成30年4月より水曜午後外来休止のお知らせ」
勝田台も高齢化の波にあり、当院の通院患者さんにも動けなくなり通院困難な方が増えてきました。緊急時は昼休みや診療終了後に往診で対応してきましたが、平成30年4月から定期訪問診療の枠を設けることにしました。したがいまして、

平成30年4月より、水曜午後は、外来診療を休止いたします。
同時刻は、訪問診療を行うため、院長が院内に不在となります。
水曜の午前は、平常通りの診療を行います。

よろしくお願い申し上げます。

「土曜日の診療について」
平成28年1月より、土曜日は午前のみの診療になります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

「八千代市内の担当産業医について 」
八千代市内の産業医を担当しています。
八千代市教育委員会、八千代市役所上下水道局

「八千代市内の担当学校医について」
八千代市内の学校医を担当しています。
県立八千代高等学校、八千代松陰中学校、
八千代市立勝田台中学校、勝田台小学校、村上小学校、阿蘇小学校

「クリニックをリニューアルしました」
平成26年5月23日、
クリニックのリニューアルが完了しました。
これからも、うのクリニックをよろしくお願い申し上げます。

「デジタルX線TVシステムについて」
デジタルX線TVシステム 平成25年10月に東芝Plessart ZERO を導入しました。
いわゆる透視レントゲン装置で、胃がん検診のバリウム検査に使用します。今までのカセッテを使用する装置と違い、デジタルで直接画像が記録されますので、検査時間の短縮が可能となります。
5月からの胃がん検診で使用できますので、受診いただきますようお願い申し上げます。

「当日順番受付システムについて」
当日順番受付システムを導入しました。

i・CALL(アイコール)による、待ち時間短縮システムです。いわゆる予約とは違い、院内でお待ちいただく時間を短縮する効果が期待できます。日時の予約をするのではなく、当日に順番を取るだけなので、以前と大きな変更はありません。携帯電話やご自宅の電話から診察の順番を確認できるようになります。混雑している日には、待ち時間がだいたい分かるので、順番近くになってからご来院いただけます。順番が近付いたら、お電話や携帯電話のメールでお知らせ出来ます。

システムの受付時間は
 午前9:15〜11:30、午後3:30〜5:30 です。
  (この時間以外では、今まで通り、直接ご来院時に受付いたします)
 前日に翌日の受付は出来ません。
 午前に午後の受付も出来ません。


また、今まで通り、システムを利用せずに直接ご来院いただいても、大丈夫です。できるだけ、お待たせしないように、不都合が生じないように、心掛けますので、ご心配なくご来院ください。

当日順番受付システムの使い方
当日順番受付システム、ポスター

当日順番受付 設定画面へ

ご不明な点は、当クリニック職員までおたずねください。よろしくお願い申し上げます。

「各種予防接種について」
四種混合や麻疹、風疹など各種予防接種も行っています。
予約制ですが、お電話で予約できますのでご利用ください。

「新しいレントゲン装置について」
平成19年10月に、新しいレントゲン装置を導入しました。
コニカ・ミノルタ製CR装置(Regius Unitea)です。CRとは、コンピューテッド・ラジオグラフィーの略で、一般撮影(胸・腹部、骨、関節など)や胃透視(バリウム検査)のレントゲン写真がデジタル処理され、診察室の高精細モニターで読影出来ます。このデジタル処理により、高精細かつ安定した画像が得られ、拡大縮小や各種計測、画像調整も可能になります。また、PACSと呼ぶ画像記録装置も導入し、合計2TBの記録容量を可能にしました。この新しいレントゲン装置により、さらなる診断精度の向上を目指してまいります。

「経鼻内視鏡について」
経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)は、「オエッとなりにくい」と好評です。
ぜひ一度、お試し下さい。思ったよりも楽に受けていただけるものと思います。

「ED治療薬、AGA(薄毛)治療薬について」
ED治療薬、AGA(薄毛)治療薬の取り扱いを開始しました。
バイアグラ50mg:1,600円/1錠、バイアグラ(ジェネリック)50mg:900円/1錠、シアリス20mg:2,100円/1錠、プロペシア1mg:10,000円/28日分です。
心機能などに問題のないことを確認できれば、当院で処方いたします。
目の前の患者さんをハッピーに..........。独りで悩まず、ご遠慮無く、ご相談ください。の取り扱いを開始しました。
バイアグラ50mg:1,600円/1錠、シアリス20mg:2,100円/1錠、プロペシア1mg:10,000円/28日分です。
心機能などに問題のないことを確認できれば、当院で処方いたします。
目の前の患者さんをハッピーに..........。独りで悩まず、ご遠慮無く、ご相談ください。

アクセスマップ アクセス
  京成本線「勝田台駅」
東葉高速鉄道「東葉勝田台駅」より徒歩7分
勝田台小学校東門 正面
専用駐車場 17台あります
うのクリニック
内科(消化器内科・循環器内科・内視鏡内科)
小児科
〒276-0023 千葉県八千代市勝田台2-12-9
TEL.047-481-1929 FAX.047-481-1930
上の地図をクリックして下さい  
 
トップページ 院長紹介 院内設備 季節のたより モンゴルニュース お問い合わせ